とっちらかり家日記+コドモ

日々のこと、レシピ、子どもと家族のこと。

靴を揃える子どもと親の話

掃除ブログで有名になられた「東いづみさん」。

著書を拝読して、実践できることはしようと思い、「玄関の靴をそろえる」というのをはじめてみました。

 

いわく、「玄関には基本1人1足の靴だけ出して、揃えておく。揃えておくと、あとから帰ってきた人も自然と揃えるようになる」というような趣旨のことがかいてあったんです。

 

ふむ、やってみるか、ということで。

 

折しも、子どもも保育園で「トイレのサンダルを揃える」という決まりごとをおぼえてきたところ。

靴の固定位置をつくると、あらまあ。すんなり揃えてくれるじゃないですか。

もちろん3歳児、完璧ではないけれど十分及第点。

 

そしてそして夫はというと。

 

はい、わかっていました。

わたしと子どもの靴が揃っていても、気にしない。脱ぎっぱなし。

しばらくはなにも言わずそっと揃えていましたが、ある日子どもがせっせと靴を揃える横でぽいぽいっと靴を脱ぎ散らかしたので、ついに「子どもが揃えてるんだから、あなたも揃えて!」と訴えました。

そしたらまあ、その場ではやるけれど、すぐあとにまたぽいぽいっ。

 

 

第2子にも教えないといけないことだし、気長にやりますか……

 

臨月なう

またもやほっぽらかしました。

 

ほっぽらかすということは、片付いていないわけです。うしろめたくて、更新できない。負のスパイラル。

とりあえず子どもの収納を用意して引き出しを日干ししたり、そこへ入れるおむつや産着を洗ったりはしました。

あとは、魔窟。

 

臨月に近づくにつれてどんどん動けなくなって、片付けどころではありません。

屈むのがきつくて……

対して、立ってする仕事ならなんとかなったので、料理は捗りました。

 

産まれたら片付けよう。

(さて。わたしの、明日はどっちだ。)

庭掃除

産休に入りました。

 

まあ、思っていた通りあまり動けないので、夫にあれやこれや頼んですませてもらっています。

たとえば代休があるとかで平日の休みがあったときなんかに、不用品をまとめてクリーンセンターへ持ち込んでもらったりとか。

庭の芝を刈ってもらったりとか。

草むしりをしてもらったりだとかですね。

いっさい文句をいわずになんでもしてくれる、やさしくて勤勉な夫です。

 

しかし、しかし。

クオリティには目をがんばってつむっております。

なぜ、草をむしったはずの玄関周りにまだハルジオンが咲いているのかとか。

なぜ、むしった草が建物のかげにかくされているのかとか。

不用品をまとめて捨てたはずが、荒れ果てたままの和室の謎とか。

 

夫のいない平日に少しずつケアしてリカバリしていきたいですね……

放置してた間

掃除は進みませんでした。

というのも、わりと兼業妊婦、動けませんでした。腰痛始まってしまって……

ベルトを買ってしのいで、気づいたらもうすぐ産休です。

 

そしたら育児スペースを整えよう!

ブログ更新しつつがんばります。

計画をたててみよ

あまりにも場当たり的に掃除をしていることにだんだん苛ついてきていて、これはよくないなぁと思っているところです。

くわえて、無理をすると、疲れてダウンするいまの体調。

 

初心に戻りましょう。

目標と、計画を立て直しましょう。

 

目標というか、最低限ここまではやりたいというところを決めて、期限をきってみたいと思います。

 

目標は、「和室で第2子の子育てをすること」です。

だから不要なものは整理して捨て、清潔にしたい。

 

期限は、6月一杯。

7月には産まれている予定。

 

でも共働きなので、産休に入るまでは毎週1日くらいしか片付けに使えません。

予定もそこそこ入っているし……

 

正味1週間で、なるべく和室を使えるようにして、産休に入りたいと思います。

 

1.和室に積んである古い収納ケースを捨てる。ほか、粗大ゴミをクリーンセンターへ持ち込む。

→わたしは動かせない重さのものもあるので、夫に休みを取ってもらいつつ大きな家具や不要物を捨ててもらう。

古い鏡台をどうするか考える。

 

2.メタルラック周りを片付ける。

→できたらいまのメタルラックは廃棄。掛けて収納する衣類を厳選して、収納方法を検討。

 

3.レンタルベビーベッド、育児グッズ収納スペースの確保。

→これはたぶん大丈夫。レンタルベビーベッドをそろそろ予約しなくては

 

4.ベッドまわりのグッズ更新。

古い布団を捨てさせてもらう。カバーとか全部ニトリで新しくして、可愛くする。

ベッドは陽に当てる。

 

こんなところでしょうか。

うまくいくかな。

さて、夫に仕事のスケジュールを確認しなくては。

新年度のバタバタとコドモ

更新が空きました。

片付いてません、なにもかも。

 

どころか、荒れ果てています。

夫もわたしも異動や仕事内容の変更はなかったのに、何故だか年度末年度始めは総じて落ち着かず。

そこにくわえて娘は保育園の進級で担任がかわりクラスがかわり、疲れたのか親に目一杯甘え倒し。

 

お腹が張る1週間でした。

うーん、元気だけど、7ヶ月妊婦です。

無理はきかないなぁ……

 

お米を炊くこと

掃除は遅々として進みません。

ウィークデーは仕方ない。

次の休みには、新年度に向けて揃えなければいけない娘の保育園グッズを買うために出かけなければいけないし、うーん、なかなか落ち着かないなぁ……

 

というジメジメした内容のブログを書く気なんてなかなか盛り上がるものでもなく。

 

そんなわけで今日は我が家で少しこだわっている、ご飯を炊く話を書こうと思います。

 

昨年3月にふとしたきっかけから「土鍋で炊くご飯」にハマりました。いろんなやり方がありますがそこらの炊飯器よりとっても美味しく炊きあがります。

たしかうちでは沸騰するまで強めの中火、沸騰したらごく弱火で13分、くらいだったかな?

なやみどころは火加減を間違うとすぐにおこげが発生すること。まあ、もともと豆を炊くのに焦がしたことのあるニトリの土鍋だし、仕方ないところはあれど。

だからそのうち炊飯専用の鍋を導入しようと色々調べていたんですが、夫が「ふるさと納税で鍋がもらえた!」と喜んで報告してきたのがこちらです。

 

http://www.hario.com/new_gohan_gama_m.html

 

アフェリエイトは貼りませんよ!

(やり方よくわかってない)

ハリオの蓋がガラスの炊飯鍋です。

鍋とおひつがセット。

使い方は簡単、米を研いで普通に水を加減し、強火にかけるだけ!

沸騰して蓋のホイッスルが鳴りはじめたら1分後に火を消して、蒸らします。

 

料理の手順としては、まず米を支度して、火にかけ始めたらほかのメニューの調理開始。だいたい10分ほどでホイッスルが鳴るので、蒸らし込みで25分で出来上がるよう献立をたてるとスムーズです。

 

そんなに時間かけてらんない!というタイプの人には向きません。炊飯器でタイマーをセットしておくか、レンチンご飯を用意しましょう。炊きたての美味しいご飯のためなら、少しくらい待てるという人にはぜひおすすめです。

 

まあ我が家も、共働きなので夕飯は帰宅後さっさと始めたいところもあるんですけど、子どもが「作り置き」や「出来合い」を好まないのでちゃんと都度調理しなければ食べてくれないという事情があり、おなじ調理時間をとるならその時間に米も炊けたほうが幸せだよね〜、ということで。

毎日炊いています。

 

この鍋にしてから、まず焦げ付かせることが無くなりました。火加減不要なので手間が減り、味も安い土鍋よりさらに美味しくなりました。

炊けたらおひつにお米をいれておけば、冷めてもそのままレンジにかけられます。これが便利。夜炊いて半分食べて、朝弁当のためにレンチンする、みたいなことができます。

 

あまりよくなかったこととしては、まず重いこと。重くないと圧のかかった炊きあがりに成らないだろうから、しょうがないんですけど、重い。あと、少しかさばるかもしれません。

見た目にこだわるなら、はやりの「ストウブ」とかのほうがいいでしょう。スマートだけど金属だから重さもあるんですよね、きっと。あれ。

 

でも我が家はとっても満足。

そして大きな声ではいえませんが、吸水させなくてもそこそこ美味しく炊けますよ!(小声)