読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっちらかり家日記+コドモ

日々のこと、レシピ、子どもと家族のこと。

タオルのしまい方についての、いわゆる愚痴

今日はふと気になったので愚痴です。

 

我が家、共働きのため、夫婦ともに家事をやります。

なので、あれこれとやり方が違います。

それについて、ことさらに指摘することはありません。

お互いやりやすいのがいちばん。

どうしてもの時だけ言うことにして、あとは放置。

 

……ということにしています。

が。

どうしても気になる、それが、タオルのしまい方。

 

脱衣所に小さなたんすがあります。

その1段にフェイスタオルを入れています。

はじめ、夫がよく使う無地や旅行先でもらうような温泉タオルをまとめて右側半分。

トイレやキッチンで使う柄のタオルを左側半分へ収めました。

「ここ以上の在庫は持たないようにすればいい」

という話を、夫にしたような。たぶんした。

 

すると夫、不満だったようです。

「これじゃ足りない」

と言っていたような。

詰めたら、もっと入るとでも思ったのかな。

2分割して使っていた引き出しに、3つのタオルの山を入れました。

もちろん、ミチミチ。ギチギチ。

出しづらく、入れづらい。

そしてタンスの上に積み上がる洗い立てのタオルたち。

収納がすっきりしていたときはスムーズにまわっていた水回りのタオル交換、いまでは滞っています。

 

言いたいんです。

これじゃ使いづらい。

でも、言うなら改善策をたてておきたい。

そして、言い方。

どうしようかなぁ。。。